首都大学 ドラフト候補の筑波大・佐藤隼、痛い2敗目 チームも4敗目 

[ 2021年5月15日 14:15 ]

首都大学リーグ第4週第1日   東海大9―4 ( 2021年5月15日    等々力 )

<首都大学野球 東海大・筑波大>ベンチへ戻る筑波大先発の佐藤隼(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 今秋のドラフト上位候補、筑波大の佐藤隼輔投手(4年、仙台)が本領を発揮出来ないまま、6回9安打5失点で今季2敗目を喫した。

 初回に打者2人で先制点を失うと2回にも2死から追加点を献上。中盤は立ち直りの兆しを見せながら、6回にも3安打で2点を許しマウンドを降りた。

 「一昨日のブルペンは腕が振れていたけど…。きょうは立ち上がりからフワフワして、コントロールの精度もなかった」。首を振る佐藤に、川村卓監督も「球が浮いてしまった。調整が必要かもしれない」と全盛期には程遠いエースを心配した。

 チームは3勝4敗と負け数が先行。「残り全勝の思いで、切り替えていくしかない」と最速151キロ左腕が前を見据えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月15日のニュース