阪神 佐藤輝が3安打3打点の活躍も 伝統の一戦2000試合目を勝利で飾れず

[ 2021年5月15日 21:00 ]

セ・リーグ   阪神3ー5巨人 ( 2021年5月15日    東京D )

<巨・神(8)> 初回2死三塁、先制の左適時二塁打を放つ阪神・佐藤輝。投手・サンチェス (撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 阪神は先制するも好機を生かし切れず、5月7日DeNA戦以来の敗戦。伝統の一戦2000戦試合目を勝利で飾ることはできなかった。

 あと一歩が届かなかった。ドラフト1位・佐藤輝が2本の適時打含む3安打3打点で4番では初の猛打賞活躍。2点を追う8回1死は右翼線への二塁打で出塁も後が続かなかった。9回は先頭・梅野の三塁線を破る二塁打と2四球で1死満塁と追い上げを見せたものの、糸原が空振り三振、マルテが遊ゴロに倒れ、好機を生かし切れなかった。

 先発した伊藤将はスモークに逆転の3ランを浴びるなど、6回を投げるもプロ入りワーストとなる9被安打5失点と粘りきれず。岩貞、小林が無失点で繋ぐも流れを引き寄せられず、2位・巨人とのゲーム差を3・5に戻した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月15日のニュース