ヤクルト・小川完封 今季デーゲーム13戦目で初勝利 指揮官「ひとりで投げきって素晴らしかった」

[ 2021年5月15日 20:15 ]

セ・リーグ   バンテリンドーム ( 2021年5月15日    ヤクルト5―0中日 )

ヤクルト小川
Photo By スポニチ

 ヤクルト・小川泰弘投手(30)が9回を投げわずか99球で完封勝利。3安打無四球無失点の快投に「ここまで納得できるピッチングが少なかったので、なんとかチームのためにという思いで腕を振った結果がいい結果につながった」と充実感に浸った。今季チーム初の完投で、デーゲーム13試合目にして初勝利をもたらした。

 ノーヒットノーランを達成した昨年8月15日のDeNA戦以来の完封劇。高津監督も「きょう、文句を言ったら怒られる」と笑い、「ひとりで投げきって、チームに勝ちを持ってきた。素晴らしかった」と称えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月15日のニュース