ロッテ・レアード、9回起死回生のドロー弾!首位・楽天に0・5ゲーム差肉薄

[ 2021年5月15日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ4―4西武 ( 2021年5月14日    ZOZOマリン )

<ロ・西>9回1死二塁からレアードは同点2ラン(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 寿司を握る指に力が入った。2―4の9回1死二塁。ロッテ・レアードのバットがギャレットの136キロのナックルカーブを捉えた。左中間へ7号同点2ラン。「手応え十分。ベンチを見たらチームメートが最高に祝ってくれていたのでうれしい」と胸を張った。

 これで3試合で4発を量産。好調の理由を「気持ちを入れた打撃」と明かす。パフォーマンスで握ったエア寿司はハーマンの口の中へ。「いつもは和田に食べさせるけど、ハーマンが“くれ、くれ”とアピールしたから」と豪快に笑った。

 井口監督は9回2死二、三塁のサヨナラ機で「逆転したかった」と振り返ったが、敗れた首位・楽天に0・5ゲーム差と肉薄。ここ4試合は無敗の2勝2分けながら、満足しない姿勢が今の強さだ。(君島 圭介)

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月15日のニュース