阪神・マルテ 4戦4発東京ドーム男や!!7戦ぶり8号&好捕「へっへっへ、シュビノヒト」

[ 2021年5月15日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2-1巨人 ( 2021年5月14日    東京D )

<巨・神>4回1死、同点ソロを放ちラパンパラポーズを決めるマルテ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 頼もしい“東京ドーム男”と化した。先制された直後に、阪神・マルテが7試合ぶりの8号ソロ。すぐさま試合を振り出しに戻す価値ある一撃で、猛虎を勝利に導いた。

 「うれしかったです。しっかり勝ちに貢献できたのが一番ですし、これを続けていく必要があると思うので、どんな状況でもチームに貢献できるような仕事をしたい」

 沈黙していた打線にカツを入れた。巨人・畠の威力ある直球を主体とした投球に3回まで1安打。4回1死から、3球目の150キロ直球を強振した。快音を響かせた打球は右中間スタンドに着弾。「しっかりと集中してボールを強く叩くことだけを意識していた。それがポジティブな結果になりました」。おなじみのラパンパラポーズでナインを沸かせ、直後の勝ち越し劇を誘発。矢野監督からは「フォアボールとかでつなぐ意識もあるけど、こういうのもマルちゃんの魅力。マルちゃんが打つとムードも盛り上がるんでね。そういった意味ではいいきっかけになった」と称賛された。

 前回の3連戦で打率・500(12打数6安打)、3本塁打4打点と大暴れした舞台でまたも躍動。敵地で4戦4発としたM砲は「どこのチームであろうが、しっかりと貢献することだけを意識している。特にジャイアンツだからというのはないが、常にいつもしっかり仕事をすることを心掛けています」と心強いコメントを残した。一塁守備でも、4回先頭の若林の一塁線を破るかという当たりを好捕。日本語で「へっへっへ、シュビノヒト」とおどけながら攻守の貢献を誇った。(阪井 日向)

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月15日のニュース