佐々木朗攻略のカギは「好球必打」&「粘り」と西武・辻監督 源田も「一丸で攻略を」

[ 2021年5月15日 19:20 ]

パ・リーグ   西武3―0ロッテ ( 2021年5月15日    ZOZOマリン )

<ロ・西8>8回、山川の適時打で生還した源田を迎える辻監督(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 令和の怪物をいかに攻略するか。あす16日にプロデビューするロッテ・佐々木朗と対戦する西武・辻監督は、この日の試合後に対策を聞かれると「初めてだし、対戦してみてどうか」と慎重な口ぶり。佐々木朗は2軍戦で好投しており、指揮官は「ファーム投げている試合を見ても四球が少ない。球が速いということなら好球必打でいかないとなかなか打てない」とした。

 さらに「球数を投げさせるという、そういう追い込まれてからの粘りが必要。選手が工夫してくれたら」と続けた。

 また、源田は「ファームの成績も防御率0点台。いい投手なのは分かっている。いろんな形でみんなで一丸なって崩していけるよう頑張りたい」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月15日のニュース