TG通算2000試合目 阪神の4番・佐藤輝は大谷との“シンクロ弾”でセ5球団&セ本拠6球場制覇なるか

[ 2021年5月15日 17:07 ]

セ・リーグ   巨人ー阪神 ( 2021年5月15日    東京D )

<巨・神(8)>畠(右)と談笑する阪神・佐藤輝 (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 「伝統の一戦」通算2000試合目の節目の一戦で、阪神は「4番・三塁」にドラフト1位・佐藤輝明が名を連ねた。今季ここまでリーグトップタイの10本塁打の怪物新人は、今日アーチをかければセ5球団制覇&セ本拠6球場制覇弾となる。

 4月15日、同26日、5月5日、同7日と10本塁打中に4度も同日弾を放っていることから、「大谷と佐藤輝のホームランは連動している」とネット上で話題になっている中、日本時間15日午前に大谷が11号アーチ。今宵、またもシンクロ弾が飛び出すかに注目だ。先発は先月7日の巨人戦(甲子園)で7回1失点と好投してプロ初勝利を挙げたドラフト2位・伊藤将司。巨人戦初対戦から2戦2勝となれば、球団新人としては史上初の快挙となる。
 試合開始は17時45分予定。以下スタメン。

 【阪神】
 1(中)近本
 2(二)糸原
 3(一)マルテ
 4(三)佐藤輝
 5(左)サンズ
 6(右)ロハス
 7(捕)梅野
 8(遊)中野
 9(投)伊藤将

 【巨人】
 1(右)梶谷
 2(左)ウィーラー
 3(中)丸
 4(三)岡本
 5(一)スモーク
 6(二)若林
 7(遊)吉川尚
 8(捕)炭谷
 9(投)サンチェス

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月15日のニュース