巨人 中軸の差で黒星、不振の丸に代打・中島も凡退 移籍3年目で初、原監督「最善の策」

[ 2021年5月15日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人1―2阪神 ( 2021年5月14日    東京D )

<巨・神>8回、丸に代えて代打・中嶋を告げる原監督(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 1点を追う8回。巨人・原監督は決断した。1死でウィーラーを迎えた場面で、ネクストバッターズサークルには中島がいた。左腕の岩崎に対し、打率・227と苦しむ3番打者を代え、逆転を狙った。丸が代打を送られるのは、広島から移籍3年目で初めてだ。

 「最善の策というところですね」。ウィーラーが四球を選んで1死一塁となり、勝つための手を打ったが、中島は右飛。続く岡本和も三ゴロに倒れた。

 阪神の投手陣に打線は1得点に抑えられ、指揮官は「その(打線の)部分でしょうね。2対1というのは、そういう部分だね」と振り返った。中軸の差が、勝敗に表れた。阪神のクリーンアップが1本塁打を含む長短打4本を放ったのに対し、巨人は5番スモークの単打2本のみだった。

 丸も必死の姿勢を見せていた。第2打席から、バットを一度、本塁方向に倒してからトップをつくるヒッチ打法をやめた。構え遅れをしないようにバットを立て、すぐにトップの位置から打てるように工夫したが実らず。元木ヘッドコーチも「本来の丸の姿ではない。波に乗り切れていないというのがある」と復調を待っている。

 宿命のライバル相手に繰り出した執念の采配も、一歩及ばず。阪神とは4・5ゲーム差。原監督は「まあ、明日いきます」と、短い言葉に2000試合目への決意を込めた。(田中 健人)

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年5月15日のニュース