大谷翔平 沢村と互いに帽子を取って挨拶 Rソックス戦は「2番・DH」

[ 2021年5月15日 07:50 ]

試合前にレッドソックス・沢村(右奥)と握手を交わすエンゼルス・大谷
Photo By 共同

 エンゼルスの大谷翔平選手(26)は14日(日本時間15日)、敵地ボストンでのレッドソックス戦で「2番・DH」で先発出場する。

 この日、ローテーション通りであれば18日(日本時間19日)にホームでのインディアンス戦のはずだった次の先発が1~3日先送りになることがマドン監督より発表された。

 ただ、打者としては休まず、チームで唯一全試合出場を続けている。今日からの3連戦では今季からレッドソックス戦の一員となった沢村拓一投手(32)と対戦の可能性もある。

 この日、大谷は午後3時50分頃にフェンウェイ・パークのフィールドに登場。通訳とともに一塁側方向に駆け寄ると、その姿に気づいた沢村も歩み寄り、ライトの手前で互いに帽子をとって挨拶をかわした。その後、2018年までエンゼルスでプレーしたギャレット・リチャーズ投手も加わり、しばらく立ち話をしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月15日のニュース