虎の新人は2軍でも優秀です ドラ7高寺がマルチ安打&二盗 初の甲子園で元気ハツラツ

[ 2021年5月15日 14:40 ]

ウエスタンリーグ   阪神ー広島 ( 2021年5月15日    甲子園 )

<ウエスタン阪神・広島>6回に同点の適時打を放った阪神・高寺は笑顔で守備に就く(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト7位・高寺望夢内野手(18)がプロ入り後初めて甲子園で適時打を放った。1―2の6回1死一、三塁のチャンスで右腕・野村の外角変化球を左前に運び、同点の一打を放った。

 この日は2回の第1打席で左前打を放ち、直後に二盗を決めた。6回までに複数安打を記録し存在感を示した。上田西時代には甲子園でプレーすることは叶わなかったが、憧れの舞台でしっかり役割を果たした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月15日のニュース