大谷翔平 驚愕の1発にファン「意味不明」「モンスターはどっちよ」 崩されてもグリーンモンスター越え

[ 2021年5月15日 11:22 ]

ア・リーグ   エンゼルス3ー4レッドソックス ( 2021年5月15日    ボストン )

6回にソロを放った大谷
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平選手(26)が14日(日本時間15日)、敵地ボストンでのレッドソックス戦に「2番・DH」で先発出場。第3打席でリーグトップタイの11号ソロを放った。

 0-2の6回、レ軍の先発右腕、ピベッタが投じたナックルカーブをとらえて左中間ソロ。泳がされながらも右手1本で振り抜き、フェンウェイ・パーク名物の巨大なフェンス「グリーンモンスター」を越えた。飛距離は370フィート(約112メートル)、打球速度は102マイル(約164キロ)。本塁打は6日(同7日)のレイズ戦以来で、11号はインディアンス・ラミレスに並ぶリーグトップタイ。日本人メジャーリーガーでグリーンモンスター越えを果たしたのは、井口(ホワイトソックス)、岩村(レイズ)に次ぎ史上3人目となった。

 逆方向へ、しかも体勢を崩されて右手1本で振り抜いたため打球に力が加わりづらい。普通なら本塁打は難しい状況下でも、高さ37フィート(約11メートル)の巨大フェンスを越す驚異の1発にネット上も大騒ぎ。「マジでなんで入るのか意味不明」「片手でグリーンモンスターをぶっ倒した」「モンスターはどっちよ」「あのスイングでグリーンモンスター越えとは…」「天変地異級」「泳いで逆方向にホームランとか…なんか今まで習ってきたバッティングの常識が通用してない笑」などと興奮の声が続々と挙がった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月15日のニュース