オリ・吉田正が鮮やか「マー君撃ち」 6回に左方向へ逆転の8号3ラン 通算100号にも王手!

[ 2021年5月15日 17:52 ]

パ・リーグ   オリックスー楽天 ( 2021年5月15日    ほっともっと神戸 )

<オ・楽(7)> 4回1死、オリックス・吉田正は中前打を放つ (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 オリックスの吉田正尚外野手が、「マー君撃ち」で通算100号に王手をかけた。

 「少ないチャンスでしたし、チームみんながつないでくれたチャンスだったので、最高の結果になってくれて良かったです」

 0―2の6回だった。福田と宗の連打で1死一、二塁の絶好機を築き、主砲が期待に応えた。1ボールからの2球目、田中将の外角低め145キロ直球をフルスイングし逆方向へ。高々と舞い上がった打球は、左翼席最前列に飛び込む8号3ラン。スタンドぎりぎりの着弾だったためリプレー検証が行われたものの、判定は覆らず。5回まで2安打投球に封じられていた敵軍エースから一振りで劣勢を覆した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月15日のニュース