ライアンがマダックス達成!99球での完封勝利 NPBでは17年金子以来4年ぶり

[ 2021年5月15日 18:53 ]

セ・リーグ   ヤクルト5―0中日 ( 2021年5月15日    バンテリンD )

ヤクルト小川
Photo By スポニチ

 ヤクルトの小川泰弘投手(30)が15日の中日戦で9回を散発3安打に抑え、今季初完封で3勝目(1敗)をマークした。

 わずか99球での完封勝利。米国では100球未満で完封することを「マダックス」と呼んでいるが、小川は初。日本プロ野球では17年4月14日、オリックスの金子千尋がソフトバンク戦に92球で完封勝利を上げて以来4年ぶり。ヤクルトでは07年9月25日に石川雅規が広島戦に98球で完封勝利を挙げて以来14年ぶりだ。

 「マダックス」の元になったグレッグ・マダックス投手は「針の目をも通す」とも言われるほどコントロールが良く、「精密機械」の異名もあった殿堂入り投手。通算355勝を挙げ13度も100球未満の完封勝利を上げた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月15日のニュース