西武 松本は自己最長8回&自己最多132球で3勝目 本音は「完投したかった」

[ 2021年5月15日 18:39 ]

パ・リーグ   西武3―0ロッテ ( 2021年5月15日    ZOZOマリン )

<ロ・西8>笑顔でガッツポーズする松本(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 まさに熱投だった。西武の先発・松本は自己最長の8回を投げ、こちらも自己最多の132球。ロッテ打線を2安打無失点に封じて「真っすぐが走っていたし、変化球も効果的に使えた。非常に良かったと思う」と笑顔で振り返った。

 連勝で今季3勝目。前回登板の8日のソフトバンク戦も6回無失点で、これで15イニング連続無失点となった。

 8回は志願して続投。「今日は完投したかった。でも、序盤に球数を費やしてしまったので、それが響きました」。プロ入り後、完投はないとあって「次回以降はそこ(完投、完封)を目標にしていければ」と力を込めた。

 辻監督も「(松本の場合は)怖がらずに腕を振って投げられるか。向かっていく気持ち。投げっぷりが良くなって来た」と称えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年5月15日のニュース