西武5位転落 9回追いつかれ…まさかの引き分け 指揮官自虐「監督がヘボ」

[ 2021年5月15日 05:30 ]

パ・リーグ   西武4―4ロッテ ( 2021年5月14日    ZOZOマリン )

<ロ・西>引き分けに終わった辻監督(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 西武は9回1死から角中の一塁ベースに当たる不運な二塁打に続き、ギャレットがレアードに同点2ランを被弾。痛恨の引き分けでオリックスに抜かれて5位に転落した。

 辻監督は「監督がヘボですわ。序盤にチャンスをつくりながら点を取れなかった」。4回無死二、三塁、5回1死一、二塁の好機で追加点を奪えず、7回2失点の先発・高橋の5勝目も霧散した。抑えの増田が不在。指揮官は「いるメンバーで最善を尽くした結果」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年5月15日のニュース