聖光学院 サヨナラ王手!斎藤監督の“思惑通り”内山が人生初劇打「このままじゃ終われない」

[ 2020年8月11日 05:30 ]

東北地区大会準決勝   聖光学院2-1鶴岡東 ( 2020年8月10日    石巻市民 )

<聖光学院・鶴岡東>サヨナラ勝ちし、スタンドへ駆け出す聖光ナイン
Photo By スポニチ

 東北6県の代替大会優勝校が出場する「東北地区高校野球大会」は10日、宮城・石巻市民球場で2試合を行った。聖光学院(福島)は昨秋の東北大会準優勝の鶴岡東(山形)に2―1でサヨナラ勝ちし、決勝に進出した。9回1死満塁で内山連希主将(3年)が中前適時打を放った。11日は準決勝のノースアジア大明桜(秋田)―仙台育英(宮城)戦が行われ、その勝者があす12日の決勝で聖光学院と対戦する。

 高々と右手を突き上げた。心地よい打球の感覚が残る右腕を一塁まで上げ続けた。ベンチから飛び出したナインに迎えられると、内山主将は照れくさそうに歓喜の輪に入った。

 「このままじゃ終われないと思った。最後は自分のできることに徹した。ヒットとなり、とても最高です」

 狙い通りだった。終盤に粘りを見せて1―1に追いつくと、9回に1死満塁のチャンスをつくった。打席に入った内山に、3球続けてスライダーが来た。2ボール1ストライクで「次は直球。それしか考えていなかった」とストレートを中前に運び、人生初のサヨナラ打。「何も考えなかった。打てなくても周りが何とかしてくれるので、楽しめた」と笑った。斎藤智也監督(57)も「スクイズを出そうとしたけど、2球ボールが続き、内山をヒーローにしたいという場面が来た。そこで抜けるのが内山の勢い」と主将を称えた。

 試合当日の朝は仙台市内の高校で練習をしたが、前日の雨でグラウンドが使用できず、室内練習場で行った。甲子園でも室内でウオーミングアップしてからグラウンドへ向かうため、斎藤監督は「甲子園と同じ流れだな」と鼓舞。聖地を思い描いたナインは、いい緊張感で試合に臨んだ。

 甲子園交流試合に出場する鶴岡東を、逆転で破って決勝進出。11日は午前中の練習後、温浴施設で疲れを癒やす。ラーメンなど好きなものを食べる予定で、リフレッシュして明日の決勝に向かう。内山は「どこが来ても相手の力は上。その分、ぶつかっていきたい」と気合を込めた。残り1試合。聖光ナインは東北の頂だけを見ている。(近藤 大暉)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月11日のニュース