明徳義塾4番・新沢 9回に逆転サヨナラ三塁打!「高校野球が負けで終わるのは嫌だった」

[ 2020年8月11日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   明徳義塾6―5鳥取城北 ( 2020年8月10日    甲子園 )

<明徳義塾・鳥取城北>9回、逆転サヨナラ勝ちに歓喜の明徳義塾ナイン(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 二転三転のドラマが終盤に待っていた。主役は明徳義塾4番の新沢颯真(3年)だった。1点を追う9回2死一、二塁から右越えへ、逆転サヨナラの2点三塁打。「高校野球が負けで終わるのは嫌だった。最高の終わり方ができた」と声を震わせた。

 7回まで無安打ながら2―1とリード。いずれも四球から二盗、犠打と犠飛でもぎ取り試合巧者ぶりを発揮していたが、馬淵監督も「記憶にないと思う」と首をひねる展開。8回に4失点で一気に逆転され、途端に雰囲気は重くなった。その裏、新沢がチーム初安打したのをきっかけに1点差に迫り、失いかけた流れを引き戻した。

 昨秋の四国大会王者として臨むはずだった春のセンバツが中止。夏の甲子園への道も断たれ、3年生全員が涙に暮れた。県外出身者が多い。家族と離れた寮生活に耐える支えが「甲子園」だった。高知での代替大会が決まっても、喜びはなかった。

 その高知代替大会では、2日の決勝で高知に2―3惜敗。3回までに3失策と自慢のはずだった守備がほころんだ。「3失策なんて考えられない。交流試合までにベストに仕上げて、何とか勝ちたい」。甲子園通算51勝の馬淵監督は嘆く一方で、短期間での立て直しを誓っていた。この日は無失策で堅守が戻り、好調さを買った4番打者が突破口を開き、自ら決めてみせた。

 「(今年11月の誕生日で)65歳になってもサヨナラ勝ちはうれしい。やっぱり甲子園は最高の舞台。勝って終わるのは全国優勝みたい」。忘れられない1勝に名伯楽の表情も崩れた。何度も諦めかけた聖地のグラウンドで、チームは1日限りの最高の輝きを放った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月11日のニュース