右肩違和感で離脱 巨人・サンチェス、14日からの2軍3連戦で実戦復帰見込み

[ 2020年8月11日 05:30 ]

巨人・サンチェス
Photo By スポニチ

右肩の違和感で戦列を離れている巨人のエンジェル・サンチェス投手(30)が、今週末にも実戦復帰することが10日、分かった。早ければ、14日からのイースタン・リーグ、ヤクルト3連戦に登板する見込みだ。

 来日1年目の助っ人右腕は開幕ローテーション入りし、3勝を挙げて防御率2・67と安定した成績を残していた。しかし、予告先発されていた7月25日のヤクルト戦の試合前練習で不調を訴え、急きょ登板を回避。翌26日に出場選手登録を抹消されていた。チーム防御率は3・39と安定しているが、先発陣は枚数が足りないだけに早期の1軍復帰が期待される。また、左脇腹肉離れで離脱している守護神のデラロサは、12日にも1軍に合流する予定だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月11日のニュース