筒香、26打席ぶり快音!8月に入って初安打 レイズは3連勝

[ 2020年8月11日 12:47 ]

ア・リーグ   レイズ8―7レッドソックス ( 2020年8月10日    ボストン )

26打席ぶりの安打を放って出塁した筒香(AP)
Photo By AP

 レイズの筒香嘉智外野手(28)が10日(日本時間11日)の敵地・レッドソックス戦に「6番・三塁」で先発出場し、7回の第4打席に26打席ぶりとなる安打を放つなど4打数1安打だった。

 第3打席まで快音が聞かれなかった筒香だが、同点の7回に先頭で迎えた第4打席。カウント2―1から内角の変化球をとらえ、一塁線を破る安打を放った。

 これが今月に入って初安打。7月31日オリオールズ戦の第1打席で中越え適時二塁打を放って以来となる、26打席ぶりの安打となった。

 その後、無死一、二塁からキーアマイヤーの二塁打で勝ち越しのホームを踏んだ筒香。レイズは8―7で勝利し、連勝を3に伸ばした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月11日のニュース