DeNA・井納 6回途中3失点「チーム、野手の方々に申し訳ない」

[ 2020年8月11日 20:49 ]

セ・リーグ   DeNA―阪神 ( 2020年8月11日    横浜 )

<D・神>6回、2点を勝ち越され降板する井納(右)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 DeNAの井納翔一投手は5回2/3を3失点でマウンドを降りた。

 初回1死三塁からサンズの中犠飛でわずか6球で先制点を失った。それでも直後に同点に追いついてもらうと、ベテランらしく落ち着きを取り戻した。2回には先頭のボーアに中前打されたが、梅野、高山、植田を3者連続三振で切り抜けた。

 しかし6回だった。1死から木浪に遊撃内野安打を許し、けん制悪送球で一気に三塁まで進まれると、サンズに左中間を破る勝ち越しの適時二塁打を浴びた。さらに2死一、二塁から梅野に左翼線へ適時二塁打を浴び、ここで投手交代が告げられた。

 2年ぶりの阪神戦勝利はお預けとなり「先制を許した直後、楠本の本塁打で同点に追いついてもらい、走者を出しながらも粘ることができました。しかし6回のけん制で暴投をした後、落ち着いて投げることができませんでした。点の取られ方としてチーム、そして野手の方々に申し訳ないです」と反省した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月11日のニュース