ロッテ4連勝!マーティン 会心の逆転12号3ラン 自身初の4戦連発に“広瀬アリス似”笑顔で喜び

[ 2020年8月11日 21:41 ]

パ・リーグ   ロッテ3―1日本ハム ( 2020年8月11日    ZOZOマリン )

<ロ・日>5回裏2死二、三塁から右越え3ランを放ったマーティンは笑顔(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 女優の広瀬アリス似で話題のロッテ・マーティンが会心の一撃で勝利を呼んだ。ロッテは本拠で日本ハムに3―1で下し4連勝。貯金を「4」に伸ばした。1点を追う5回に2死二、三塁からマーティンが自身初の4戦連発となる逆転12号3ラン。リリーフ陣の無失点リレーで逃げ切りに成功。先発の美馬が5回6安打1失点で3勝目を手にした。

 先発の美馬は5回まで毎回安打を許しながらも114球と粘り投球。3回、1死満塁から中田の左犠飛による1点のみに抑えた。

 すると0―1で迎えた5回2死二、三塁からマーティンが日本ハム先発・上沢の甘く入った133キロのチェンジアップを完璧に捉え、右翼スタンドへ逆転12号3ラン。これが4試合連発となるマーティンは「4試合連続なんて初めてだよ。YES!マーティン!」と笑顔で喜んだ。

 3―1とリードを奪うとリリーフ陣が奮起。フローレス、唐川、ハーマンが1イニングずつ締め無失点。9回は守護神・益田が3者凡退に抑えリーグトップの13セーブ目を挙げた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月11日のニュース