東大 連敗も手応え、終盤に反撃 井手監督「もっともっと力をつけたい」

[ 2020年8月11日 15:05 ]

東京六大学野球春季リーグ戦第2日   東大3―6法大 ( 2020年8月11日    神宮 )

<東大・法大>4回無死一塁、法大・村田(左奥)に右越え本塁打を打たれた東大・西山(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 終盤の粘りも届かず、東大が連敗を喫した。序盤は一進一退の攻防で3回まで0―0。しかし4回、東大が走塁ミスで好機をつぶすと、法大はその裏、4番・村田雄大(4年、横浜)の神宮初安打初本塁打となる右越え2ランから4点を先行した。

 それでも今季の東大は違う。5点を追う8回に連打で1点を奪うと、ストッパー三浦銀二(3年、福岡大大濠)まで攻めて計3点を挙げた。結局、反撃は届かなかったが、神宮のファンを沸かせた。

 試合後、就任初年度の井手峻監督は「徐々に形には持って行ける感じにはなったけど、もっともっと力をつけていきたい」とさらなる底上げを強調した。笠原健吾主将(4年、湘南)もチームに手応えを感じている。「連敗はしたけど…。今までなら一方的になってしまうのに投手陣が粘ってくれた。あとは僕ら野手で最後の1点を追求しないといけない。きのう慶応といい試合してきょう崩れたら意味なかったけど、終盤に粘れた」と話した。  

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月11日のニュース