慶大 東大にあわや…ヒヤリ9回逆転勝利「六大学の洗礼を浴びた」

[ 2020年8月11日 05:30 ]

東京六大学野球春季リーグ第1日   慶大5ー4東大 ( 2020年8月10日    神宮 )

<慶大・東大>9回1死満塁、慶大・下山は左越えのサヨナラ打を放つ(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 昨秋の王者・慶大が東大に敗戦寸前まで追い詰められたが、9回に逆転サヨナラ勝ち。元JR東日本監督で、この日が初陣だった堀井哲也監督は「六大学の洗礼を浴びた。選手がよくひっくり返してくれた」と話した。

 3回にリーグ戦初本塁打を放った瀬戸西主将は「選手も動きが硬かった。初戦は難しい」。一方で「自粛期間は満足にプレーできず“野球は楽しい、好きだ”というのを痛感していた」とプレーできる喜びに浸った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月11日のニュース