仙台育英 ノーゲーム再戦で鮮やか逆転勝利 佐々木V二塁打「凄くうれしい」

[ 2020年8月11日 05:30 ]

東北地区大会1回戦   仙台育英3-2一関学院 ( 2020年8月10日    石巻市民 )

<仙台育英・一関学院>決勝の2点二塁打を放ち、喜ぶ仙台育英・佐々木涼(撮影・花里 雄太)
Photo By スポニチ

 東北6県の代替大会優勝校が出場する「東北地区高校野球大会」は10日、宮城・石巻市民球場で2試合を行った。準決勝では聖光学院(福島)が鶴岡東(山形)に2―1でサヨナラ勝ち。前日に降雨ノーゲームとなった1回戦は仙台育英(宮城)が一関学院(岩手)に3―2で競り勝った。

 仙台育英はノーゲームを経ての再戦で逆転勝ち。1点を追う7回2死一、二塁で3番の佐々木涼(3年)が右翼線に決勝の2点二塁打。変化球にうまく対応し、「凄くうれしい。1本出さないと負けてしまうという思いだった」とうなずいた。県大会を3年生40人だけで戦っており、下級生も含めたベストメンバーで戦う今年初の公式戦。須江航監督は「相手の投手が低めの丁寧な投球で苦しかった」と安どの表情を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月11日のニュース