【一瞬の夏】花咲徳栄エース・高森の戦いは続く――甲子園での完投勝利を自信に埼玉県大会Vへ

[ 2020年8月11日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   花咲徳栄3―1大分商 ( 2020年8月10日    甲子園 )

<花咲徳栄・大分商>勝利を飾り、ガッツポーズの花咲徳栄・高森(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 一度は目標を失いかけた高校球児の夢舞台が始まった。「一瞬の夏」と題し、1試合限りの戦いに懸ける選手の思いに迫る。花咲徳栄(埼玉)の高森陽生投手(3年)は1失点で完投勝利。だが、終わりじゃない――。

 夢にまで見た光景だった。最後の打者を右飛に打ち取ると、高森は両手を突き上げて万歳した。1試合限りの特別試合でも、「甲子園初勝利」には変わりない。志願で投げ切った左腕は「最後まで投げたいと思った。岩井先生が(続投を)聞いてくださった。感謝しています」と言った。

 秋田・象潟中時代は軟式野球部。甲子園優勝を目指し、県外へ飛び出して埼玉の地にやってきた。県外の強豪シニア出身者も多く集まる中、持ち前の制球力で2年春からベンチ入り。しかし、昨夏甲子園で勝つ難しさを味わった。初戦・明石商戦で同点の7回から2番手で登板も決勝打を許して敗れた。悔しさを胸に昨秋県大会は4試合に先発し、防御率1点台。関東大会8強ながら今春センバツで関東・東京6枠目に滑り込む原動力となった。コロナ禍に見舞われる中でも寮にとどまり、グラウンドそばの砂浜では、足を持ってもらい手だけで進む「手押し」で上半身を鍛え、「指立てふせ」で指の力を強化した。再びの聖地で躍動し「甲子園では最後の投球だと思ったので全力でいった」と話した。

 岩井隆監督は野手陣は3年生の代打や代走を起用する一方、投手は高森に完投させた。まだ、戦いには続きがあるからだ。大半の出場校は各都道府県の代替大会を終え甲子園に来ているが、埼玉の代替大会初戦は12日。甲子園後に県大会に臨む。「これで終わりじゃない。今日以上の投球を見せる」と高森。聖地での自信は、左腕の決意をより強くした。(松井 いつき)

 ◆高森 陽生(たかもり・はるき)2003年(平15)2月2日生まれ、秋田県出身の17歳。小3から象潟スポーツ少年団で野球を始める。象潟中を経て、花咲徳栄では2年春からベンチ入り、2年秋から背番号1。50メートル6秒7。遠投110メートル。1メートル74、74キロ。左投げ左打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月11日のニュース