東京都高野連・武井理事長 東西決戦への思い「上を目指してほしいと実施した」

[ 2020年8月11日 05:30 ]

東京高校東西対抗戦   東海大菅生3―2帝京 ( 2020年8月10日    ダイワ八王子 )

<東海大菅生・帝京>臼井のサヨナラ打に大喜びでベンチを飛び出す東海大菅生ナイン(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 10日、東西東京の代替大会の優勝校による東京高校東西対抗戦が行われ、西東京覇者の東海大菅生が帝京に3―2で9回逆転サヨナラ勝ちした。

 閉会式に臨んだ東京都高野連の武井克時理事長は感慨深げだった。「今回甲子園はなかったけど、上を目指してほしいと東西決戦を実施した。私が提案したら役員全員の賛同を得ました」。大会期間中、都内で新型コロナウイルス感染者が急増したが、球場内外とも徹底した感染防止策で乗り切った。同連盟傘下約3500人の3年生部員には革製のパスケースを配布予定だ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月11日のニュース