大分商・岩崎 チームを鼓舞する2安打「最後の甲子園。みんなとともにやれたのは良かった」

[ 2020年8月11日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   大分商1―3花咲徳栄 ( 2020年8月10日    甲子園 )

<花咲徳栄・大分商>4回、左前打を放つ大分商・岩崎(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 昨秋の公式戦で大分商トップの打率・486を記録した3番の岩崎竜也が2安打と気を吐いた。

 初回は三振だったが、4回の第2打席で中前打を放ち「チームを勢いづけたかった。詰まったけど気持ちで持っていった」。6回も安打し、得点につなげた。試合中は主将の川瀬が投球に専念するため、副将の岩崎がゲームキャプテンを務めてナインを鼓舞した。「最後の甲子園。結果はともかく、みんなとともにやれたのは良かった」と納得顔だった。

 ▼大分商・吉田海音(3年。背番号20で9回に代打も捕邪飛)外れたメンバーの分まで思い切って振って、逆転しようと思って打席に入った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月11日のニュース