阪神・ガルシア 今季初勝利の権利ゲット 7回1失点

[ 2020年8月11日 20:39 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2020年8月11日    横浜 )

<D・神>力投する阪神先発のガルシア(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 阪神先発・ガルシアが7回1失点と好投し、今季初勝利の権利を手にして降板した。

 不安定な序盤を最少失点で乗り切った。初回1死から楠本に先制ソロを浴びたあと、3回まで毎回四球を与える苦しい内容。それでも中盤以降は立ち直り、4~7回は得点圏に走者を背負うことなく、投げきった。

 7回1失点。開幕から先発ローテを任されるも、ここまで勝ち星ナシと苦しんできた助っ人が、登板8試合目にして今季初勝利の権利をゲットした。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月11日のニュース