飯山 プロ注目右腕・常田、5回7失点…プロで雪辱へ志望届提出済み

[ 2020年8月11日 05:32 ]

長野大会・決勝   飯山0-9佐久長聖 ( 2020年8月10日    オリスタ )

<飯山・佐久長聖>初回に連打を浴び汗を拭う飯山・常田
Photo By スポニチ

 飯山のプロ注目右腕、常田が5回7失点で降板。夏連覇を逃し「今年も優勝したかったけど、甘くなかった」と汗を拭った。

 初回2死から浮いたボールを打ち込まれ「守りも浮足立たせてしまった」と3失点。準決勝まで全5戦先発の疲れからか「試合前から腕の張りがあって、球速も出なくなっていくのが分かった」と振り返る。それでもバットで3回1死無走者で中前にチーム初安打を放つなど、大黒柱の意地も。プロ志望届も既に提出し「どこでも行きたい」と宣言し、「僕らの分も優勝してほしい」と後輩に夢を託した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月11日のニュース