中日・福谷、1173日ぶり白星&先発初勝利「きょうは祖父江さんの誕生日だったんで…勝って良かった」

[ 2020年8月11日 22:25 ]

セ・リーグ   中日8―1広島 ( 2020年8月11日    マツダ )

<広・中>今季初勝利に喜ぶ福谷 
Photo By スポニチ

 中日の福谷浩司投手(29)が広島戦(マツダ)で6回途中5安打1失点と好投。2017年5月26日のヤクルト戦以来1173日ぶりとなるプロ通算8勝目、先発では初となる白星をマークした。

 試合後のヒーローインタビューで、3年3カ月ぶりとなる勝利投手の味を聞かれると「ああ、もう…いつか忘れてました」と照れた福谷。すぐさま「きょうは祖父江さんの誕生日だったんで、本当にチームが勝って良かったです」とこの日33歳を迎え、3番手としてバースデー登板を無失点で切り抜けた祖父江の記念日を祝った。

 そして、プロ8年目での先発初勝利については「先発の勝ち負けはそんなに気にしてなくて、自分の仕事をどこまでできるかだと思っていたので、きょうもそれなりには出来て良かったです」とサラリ。味方打線は4回に高橋の2ランなどで3点を先取したが「点が入っても気持ち変えずにいました」とし、最少失点で降板後も「投げてる時から(捕手の)郡司はじめバックの皆さんに助けていただいてばっかりだったんで、その気持ちでずっと見てました」と言葉に感謝を込めた。

 そして、プロ入り最少の1試合登板に終わった昨季にも触れ「去年はちょっとケガであんまり1軍にいられなかったですし、今、1軍で投げられる幸せっていうのを感じてるんで、次に向けてしっかり準備したいと思います」としみじみ語った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月11日のニュース