“地元”尼崎出身の花咲徳栄・渡壁 初回に2点タイムリー

[ 2020年8月11日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   花咲徳栄3―1大分商 ( 2020年8月10日    甲子園 )

<花咲徳栄・大分商>初回、2点適時打を放つ花咲徳栄・渡壁(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 花咲徳栄は初回1死満塁で渡壁幸祐(3年)が2点適時打を放った。川瀬の外角高めの速球を右前へ流し打ちし「食らいついて芯に当てようと。どうにか次につなぐ気持ちで打席に立ったのがよかった」と充実感を漂わせた。

 甲子園に近い兵庫県尼崎市の出身。何度も観戦に訪れた甲子園だけに「試合できるのは特別な気持ち。無観客でも甲子園は甲子園。打ててうれしかった」と喜びをかみしめた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月11日のニュース