今季初スタメン DeNA・楠本 初回に1号ソロ

[ 2020年8月11日 18:28 ]

セ・リーグ   DeNA―阪神 ( 2020年8月11日    横浜 )

<D・神>初回1死、楠本は左越えにソロ本塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 DeNAの楠本泰史外野手が今季1号ソロを放った。

 1点を先制された直後の初回1死。「2番・右翼」で今季初の先発出場となった楠本が、ガルシアの外角のスライダーに逆らわず、左翼席最前列まで運んだ。昨年6月9日にプロ初アーチを代打満塁本塁打で飾って以来となる通算2号に「完璧に捉えることができました!今季初スタメンですが、気負うことなく積極的に打ちにいきました」と興奮気味に振り返った。

 今季全試合出場を続けていた梶谷が試合前練習にも姿を現さずに先発を外れる中、チャンスをつかんだプロ3年目がいきなりバットで貢献した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月11日のニュース