いつもと違う開会式 花咲徳栄・井上、大分商・川瀬2人そろって選手宣誓 16試合全てが決勝戦

[ 2020年8月11日 05:30 ]

2020年甲子園高校野球交流試合   花咲徳栄3―1大分商 ( 2020年8月10日    甲子園 )

2020年甲子園高校野球交流試合の開会式で選手宣誓する大分商の川瀬堅斗主将(右)と花咲徳栄の井上朋也主将
Photo By 代表撮影

 2020年甲子園高校野球交流試合は10日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕し、2試合が行われた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で春の第92回選抜大会と夏の第102回全国選手権大会が中止となった異例の年。センバツ出場予定の32校が招待されての1試合限りの戦い。球児にとって、甲子園はやはり特別だった。変わらぬひたむきな球児の姿勢がそこにあった。

1球に涙し、1球に歓喜する。
それが甲子園。
たとえ1試合だけだって変わらない。

異例の開会式。
響いていたセミの声がピタリとやんだ。
ソーシャルディスタンスを保って2校が整列。
選手宣誓では花咲徳栄・井上朋也
大分商・川瀬堅斗両主将(ともに3年)の言葉が共鳴する。
「諦めずに
ここまで来ることができました」という川瀬に
井上が「今、私たちができることは
1球をひたむきに追いかける全力プレーです」
と続けた。
そう、いつの日だって
甲子園はひたむきな球児の全力プレーにほほ笑む。
そして、女神と魔物が交差してドラマは生まれる。

開幕試合。
大分商のエース・川瀬は
初回に3四死球など被安打1で3失点した。
「初めての甲子園で雰囲気に負けてしまって」
魔物に魅入られ、痛感する。
「無観客とはいえ、どこの球場よりもすごいと思った」と。
試合後の号泣。
涙の向こうにあるのは何だったのか。
川瀬との対決が注目された4番・井上は2打数無安打2四球。
「甲子園の1本は
練習試合でいくら打っても足りないくらいの1本」。
高校最後の試合でその1本を打てず、満足はできない。
ただ、2人の言葉から「喜び」が伝わる。
勝っても、負けても、甲子園でプレーできたことは
何物にも代えられないのだ。

いつもの年なら
夏の甲子園で勝って終わるのは
たった1校しかない。
3年前
花咲徳栄は
勝って終わる唯一の高校になった。
でも、この夏は特別だ。
勝っても負けても
この1試合が
ラストゲームとなるチームが多い。
埼玉県の代替大会を
あす12日から控えている花咲徳栄だが、
井上主将は
「決勝戦のつもりで臨みました」と言った。
計6日間、交流試合16試合全てが決勝。
3年生にとっては
高校野球の集大成と言っていい。

試合後、コンコースで行われたインタビュー。
報道陣と距離を取って
川瀬は胸を張って言った。
「最後に甲子園で投げられて
最高の3年間だった」。
初回の3失点以降
走者を出しながらゼロに抑えた。
3失点完投。
負けた悔しさと
最後の夏に投げきった達成感が心を満たす。
そこにこの試合の意味があるのかもしれない。
川瀬の頬の涙は、もうすっかり乾いていた。

センバツ出場校による夏の交流試合。
センバツの記録にも
選手権の記録にも残ることはない。
しかし、誰の記憶にも必ず残っていく。
忘れられない一瞬の夏の開幕。
初日の2試合を終え
またセミの鳴き声が甲子園に戻ってきた。
球児たちの熱い試合は続く。
あと14試合の「決勝」
選手の覚悟を見逃すわけにはいかない。
(秋村 誠人)

 ◆川瀬 堅斗(かわせ・けんと)2002年(平14)6月18日生まれ、大分市出身の18歳。兄・晃(ソフトバンク)の影響で野球を始める。賀来中3年の秋に交通事故で頭蓋骨骨折などの大ケガを負い、医師に「生きていることが奇跡」と言われた。大分商では1年からベンチ入りし、1年秋からエース。1メートル83、86キロ。右投げ右打ち。

 ◆井上 朋也(いのうえ・ともや)2003年(平15)1月28日生まれ、大阪府四條畷市出身の17歳。小2から野球を始め、四條畷中時代は生駒ボーイズに所属。花咲徳栄では入部直後からレギュラー。小学校で6年間習っていた空手は黒帯の実力。1メートル81、88キロ。右投げ右打ち。

 【選手宣誓全文】

 川瀬「私たち高校球児は夢の舞台甲子園に立つことを目指し、仲間と共に励まし合いながら心技体を鍛えてきました。新型コロナウイルスとの闘いや、度重なる大規模な豪雨災害からの復旧、復興など厳しく不安な状況下で生活している方もたくさんおられます。このような社会不安がある中で、都道府県の独自大会、そして、この2020年甲子園高校野球交流試合を開催していただけることによって、再び希望を見いだし諦めずにここまで来ることができました」
 井上「一人一人の努力がみんなを救い、地域を救い、新しい日本をつくります。“創造、挑戦、感動”。今、私たちにできることは1球をひた向きに追いかける全力プレーです。交流試合の開催や、日々懸命に命、生活を支えてくださっている皆さまへの感謝の気持ちを持ち、被災された方々をはじめ多くの皆さまに、明日への勇気と活力を与えられるよう、選ばれたチームとしての責任を胸に」
 川瀬・井上「最後まで戦い抜くことをここに誓います」
 川瀬「2020年8月10日、選手代表大分商業高等学校野球部主将川瀬堅斗」
 井上「花咲徳栄高等学校野球部主将井上朋也」

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月11日のニュース