西武・木村“幸運”のサヨナラ生還に「もうフラフラです」 プロ初の4安打も記録

[ 2019年7月28日 22:00 ]

パ・リーグ   西武8-7日本ハム ( 2019年7月28日    西武D )

<西・日>10回1死一塁、秋山の打球を中島卓が後逸する間にサヨナラの生還を果たした木村文は泥だらけのユニホームでガッツポーズ(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武の木村がプロ初となる4安打の活躍。7-7の延長10回には秋山の打球を中島卓が後逸する間に一塁からホームに生還し「まさかホームに入れるとは思ってなかったんですけど、三塁を踏んだくらいで足がつりそうになっちゃって、そのまま倒れ込みました」とチームのサヨナラ勝ちを喜んだ。

 試合後、お立ち台に呼ばれた木村は「もうフラフラです」と息を切らしながら必死にコメント。2位日本ハム相手に3連敗阻止し「昨日、一昨日と悔しいやられ方をしてたんで何とか勝てて良かったです」と滴る汗を拭いながら懸命に答えた。

 プロ初となる4安打については「公式戦ではなかったと思いますが、チームに貢献できてうれしく思ってます」と喜び、自身の状態については「ヒットが出てない時もありますけど、普段やってる練習を信じて今日も試合に臨みました」と確かな手応えを感じていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月28日のニュース