【高知】明徳義塾 2年ぶり優勝に王手も馬淵監督「甲子園がかかってくるとしんどい試合に」

[ 2019年7月28日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権高知大会準決勝   明徳義塾4―1岡豊 ( 2019年7月27日    春野 )

 明徳義塾は2年生の3番・鈴木が決勝打を含む3安打で2年ぶり出場に王手をかけた。

 岡豊の好投手・植田の前に6回まで無得点も、7回先頭で左前打し、奥野の右前適時打で同点の生還を果たすと、8回2死二塁では左前に勝ち越し打。昨秋の四国大会では準々決勝・高松商戦で同点の7回に右飛を落球し、センバツ出場を逃した。「あの悔しさを忘れずやってきた。(高知の)森木君は暑い夏を経験していないので」と攻略に自信。馬淵史郎監督は「甲子園がかかってくるとしんどい試合になる」と苦笑いした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月28日のニュース