巨人・原監督 監督通算1000勝王手も「頭の中に全くない。あすの1勝が1番いい」

[ 2019年7月28日 17:41 ]

セ・リーグ   巨人16―4阪神 ( 2019年7月28日    東京ドーム )

<巨・神>ファンの声援に応える原監督(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は28日の阪神戦に16―4で大勝し、連敗を4でストップさせた。

 監督通算999勝となり、1000勝まで1勝とした原監督は12点差の勝利に「そうそうではある点差ではありませんね」と余裕の表情。ゲレーロの来日初の満塁弾を「このところ非常にいい結果が出ている。非常にいい役割を果たしてくれている」、炭谷の満塁弾を含む2本塁打を「すごいです」と振り返り、7回3失点の桜井については「このところそこそこの投球をしていてもなかなか勝ち星にたどり着いてなかった。そういう点ではよかった」と話した。

 自らの1000勝王手は「頭の中に全くないですね。あすのジャイアンツの1勝が1番いいですね」と意識していないことを明かし、30日からの広島3連戦に向け「このところ接戦に持ち込みながらもなかなか相手の牙城を、というところがないものですから、しっかりと戦いたいと思います」と気を引き締めていた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月28日のニュース