ロッテ 新助っ人マーティン汚名返上V弾!守備のミスで3失点も来日初アーチで帳消し

[ 2019年7月28日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ9-7楽天 ( 2019年7月27日    ZOZO )

8回2死一塁、2ランを放つマーティン(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ロッテに新加入したマーティンが7―7の8回2死一塁から左翼に勝ち越し2ランを放った。来日9打席目での初アーチが二転三転した打撃戦を制する殊勲打となり、お立ち台で「2試合目で勝利に貢献できてうれしい。こんなに興奮するとは思わなかった」と声を弾ませた。

 6回2死一、二塁では来日初安打初打点となる右前適時打。「レアードから投手の特徴を教えてもらった。本当にいい関係」。好きな日本食は寿司でマグロ好き。「寿司ボーイ」から得たヒントを結果につなげる実践力を証明した。

 5回には右翼守備でミスを犯した。先頭・茂木のライナーをグラブに当てながら落球。3失点のきっかけに「ファンに申し訳ない」と頭を下げたが「まだ5回」と集中し直した。2死二塁から右前打を打たれた場面では、本塁を狙った二塁走者の渡辺佳を矢のような送球で刺した。「17歳の時、センターから投げて98マイル(約158キロ)を出したんだ」。17年にメジャーで登板経験もあり95マイル(約153キロ)をマークした強肩は本物だった。井口監督も「途中いろいろあったけど最後に一発で」と切り出すと「ライトに(チームで)一番肩の強い選手は必要」とうなずいた。

 9回2死からの右飛をつかみ、ウイニングボールも手にした。初ヒットのボールと2つの記念球を抱えた助っ人は「一日で2個もボールをもらえるとは。次も頑張りマーティン」と笑った。(伊藤 幸男)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月28日のニュース