日本ハム石井が猛打賞 同郷栃木出身・北浦のプロ初勝利を援護「一気に逆転できてよかった」

[ 2019年7月28日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム10-6西武 ( 2019年7月27日    メットライフD )

6回2死三塁、左適時二塁打を放つ石井(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 好調の日本ハム打線が4点を追う5回に打者一巡で6点を奪い北浦にプロ初白星をプレゼントした。大田の適時打などで1点差とし、なお2死一、二塁で石井が右翼線に逆転の2点三塁打。北浦と同じ栃木出身で、どこか顔立ちも似ている石井は猛打賞もマークし「(5回は)つなぐ気持ちだった。一気に逆転できてよかった」と胸を張った。

 弟の巧は同じ作新学院で主将を務め、この日栃木大会で決勝進出を決めて9連覇に王手。弟の活躍に刺激を受け遊撃のレギュラーに向けアピールを続ける。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月28日のニュース