【隠しマイク】恐るべし時の流れ…SMAP談笑に日本ハム・石井「森くん?誰ですか?」

[ 2019年7月28日 08:30 ]

6回2死三塁、左適時二塁打を放つ石井(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ◎自動車学校の卒業検定に4度目でようやく合格した記者に向かって巨人・朝井秀樹打撃投手は「何スッキリした顔してるんだよ!」。おかげさまでようやく受かりました!

 ◎DeNA・上田外野守備走塁コーチは、手招きしながら「ちゃんぷる~!」。視線の先から沖縄出身・神里が駆け寄りました。

 ◎阪神・原口は練習を終えてベンチに下がろうとしたところ、本紙の大柄な記者2人が通路をふさぎ「大きい人2人がいると通れないよ」。すみません。動線には気を付けます。

 ◎ロッテ・井口監督は試合前練習を終えると「スポニチデーに負けちゃったな」と残念そう。イベント満載だった26日の「スポニチスペシャルデー」のことを気遣っていただきました!

 ◎日本ハム・上條優太打撃投手は「SMAP」の曲が流れていたメットライフドームで報道陣から「好きな曲は?」と問われ「え~と、何でしたっけ、優しいライオンの歌」。おそらく「らいおんハート」ですね。

 ◎25歳の日本ハム・石井が42歳の担当記者と「SMAP」について談笑。「最初に知った曲は『世界に一つだけの花』です。森くん?誰ですか?」。ジェネレーションギャップを感じざるを得ません…。

 ◎楽天・平石監督は、打撃練習を終えてベンチに引き揚げてきた銀次に「よっ、夏が似合うね!」と掛け声。すると銀次は「監督こそ、よく似合ってますよ」とニッコリ。不思議な褒め合いでした。

 ◎西武戦で6度目の始球式に臨んだマルコメ君。試合前、過去の映像を見た辻監督は「おっ、左投げか。あれ、(次は)右…。なんだ、中の人が代わってるのか」。マルコメ君はブンブン首を振って否定していました。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月28日のニュース