中日 連敗8で止めた!10日ぶりの勝利に与田監督「やっと勝てました」

[ 2019年7月28日 17:24 ]

セ・リーグ   中日4―2DeNA ( 2019年7月28日    ナゴヤD )

<中・D>連敗を8で止め、コーチ陣と握手して喜ぶ与田監督(右)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日が左腕4人による投手リレーで連敗を8で止めた。

 先発・笠原が6回2失点と試合をつくると、7回以降は福、ロドリゲス、岡田とつなぎリードを守り切った。

 与田監督は18日のDeNA戦(横浜)以来、10日ぶりの勝利に「やっと勝てました」と安堵の表情。

 不整脈による手術を経て、復帰後初白星となった笠原を「立ち上がりからストライクゾーンで勝負し、頼もしいピッチングだった」と称えた。

 救援3投手も「福もロドリゲスも2点リードで上手くつなぎ、最後を抑えた岡田も広島で悔しい思いをした。よく抑えてくれた」と労った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月28日のニュース