広島・小園 プロ初アーチから2日ぶりプロ2号!守備でも強肩キラリ

[ 2019年7月28日 19:19 ]

セ・リーグ   広島ーヤクルト ( 2019年7月28日    神宮 )

3回2死二塁、2ランを放つ小園(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 広島のドラフト1位・小園海斗内野手(19)が28日のヤクルト戦でプロ2号となる2ランを放った。

 「8番・遊撃」で先発出場し、3―1の3回2死二塁、ヤクルト2番手の大下が投じた初球カーブを右スタンドへ運んだ。

 小園は26日の同戦でプロ初本塁打を放つなど、4安打の活躍。「小園海斗プロ初HRTシャツ」を発売することも発表されていた。この日は5-1とリードを広げた直後の守備でも、ヤクルト9番・奥村の遊ゴロ送球の際に強肩を見せつけるなど攻守に躍動。チーム9連勝へ大きく前進した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月28日のニュース