西武ニール 6勝目スルリ…増田が9回に痛恨の同点3ランを被弾

[ 2019年7月28日 20:50 ]

パ・リーグ   西武-日本ハム ( 2019年7月28日    西武D )

<西・日>9回1死一、二塁、近藤(左)に同点3ランを打たれガックリの増田(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 4連勝中の西武先発ニールは7回6安打3失点と好投。7-3とリードし6勝目の権利を手にしたままマウンドを降りた。

 しかし9回、3番手の増田が痛恨の被弾。1死から西川に右安、大田には四球で一、二塁と走者をためると、近藤に右翼席に飛び込む2号同点3ランを浴びた。ニールの連勝は4でストップ。6勝目は目前でスルリと消えた。

 ニールは「調子は悪くなかった。序盤はフォアボールや失投などでまとまりのないピッチングになってしまった。ただ全体的には、まずまずだったと思う。今日はコントロールにばらつきがあったので次の登板までに修正し、しっかり準備をしたい」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月28日のニュース