DeNA石田 6回零封2勝目 プロ通算4打点左腕が覚醒4打点「バットに当たってくれて良かった」

[ 2019年7月28日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA12-3中日 ( 2019年7月27日    ナゴヤD )

投げては6回無失点、打っては4打点と活躍した石田は、スタンドの声援に手を振って応える(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 打線の大量援護に恵まれ、DeNAの石田が5回6安打無失点で今季2勝目を手にした。「点数を取ってくれたので大胆に投球することができた」と毎回走者を許しながらも、テンポよく打たせて取った。

 今季初先発だった1週間前と同じ相手を再び封じ自身2連勝。「強い気持ちを持って、前の試合よりいい球を投げないといけないと思った」と充実の汗を拭った。バットでも、初回に松坂から右前適時打、2回無死満塁からは三ツ間の直球を捉えて走者一掃の二塁打とするなど、プロ通算4打点だった左腕が1試合4打点。「バットに当たってくれて良かった」と頬を緩めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月28日のニュース