巨人・桜井 4年目の東京D先発初勝利に「すごくうれしいし、気持ちがいい」

[ 2019年7月28日 18:08 ]

セ・リーグ   巨人16―4阪神 ( 2019年7月28日    東京ドーム )

<巨・神> 巨人先発・桜井(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 巨人・桜井俊貴投手(25)が28日の阪神戦(東京D)に先発登板。7回を投げ9安打3失点の投球でチームの連敗を4で止め、自身は今季5勝目(1敗)を手にした。

 強気の投球でストライクを先行させて無四球で7回を投げ切った。試合後、お立ち台に上がり、「とにかく攻める気持ちだけは忘れず投げました。初回に1点取られてしまって、すぐに野手の方に助けられたので感謝します。(チームは)悪い流れが続いていたので、ここで断ち切れたんぽがよかったです」と笑顔。ドラフト1位で入団してから4年、自身の東京ドームでの先発初勝利には「すごくうれしいことです。すごく気持ちがいいです」と白い歯を見せていた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月28日のニュース