阪神 マルテ不敗神話同点弾&ソラーテ反撃打!矢野監督「相乗効果に期待」

[ 2019年7月28日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3-2巨人 ( 2019年7月27日    東京D )

8番手で登板した藤川(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 最後までどちらに転ぶか分からない展開でも、その効力は発揮された。1―2の7回1死。マルテが3ボールから沢村の直球を叩き、左中間席上段への特大の同点9号を打ち込んだ。本塁打した試合での「不敗神話」は1勝を足し、8勝1分けへ延びた。

 「カウントがカウントだったんで、真っすぐを狙っていた。チームの助けになるために強いスイングをしようと思っていたよ」

 胸を張ってダイヤモンドを一周すると、新しく加わった戦友が待っていた。来日2試合目の出場だったソラーテと「5、6番コンビ」の初結成。ベンチを飛び出して小躍りしながら出迎えてくれた新相棒と呼吸を合わせて跳び上がってタッチを交わし、喜び合った。

 「昨日、彼が打った時は僕もうれしかったし、僕のホームランも喜んでくれた。一緒に戦う仲間としてうれしいし、楽しいね」

 デビュー戦では「2番・遊撃」だったソラーテは休養日だった福留に代わって「5番・左翼」で登場。1人も走者を出せずに迎えた5回1死から左翼線二塁打で突破口を開き、北條の中前適時打で生還した。決勝2ランを放った前日に続いて流れを変える働きを見せ、「それも大事なことだった。マルテが打って勝てたことがうれしいよ」と笑顔を振りまいた。

 陽気な新助っ人の加入は同じスペイン語を使うマルテにも好影響を与え、矢野監督は「2人はベンチでもよく話をして、相乗効果というのはあると思うんでね。そういうところも期待したいです」とうなずいた。宿敵の本拠地での価値ある連勝。ラテンのリズムで猛虎が乗ってきた。(山添 晴治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月28日のニュース