オリ由伸、完封スルリ…5勝目も9回2死からの被弾に「すごく悔しい」

[ 2019年7月28日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス5-3ソフトバンク ( 2019年7月27日    ヤフオクD )

9回2死から連打を浴び、ひざまずく山本(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 あと1人だった。オリックス・山本は8回2/3を3失点で5勝目を挙げても、「すごく悔しいです」と唇をかんだ。高いレベルを求めるから目前で完封を逃した悔しさが上回った。9回2死無走者で明石に対して不利なカウント1―3にしてから5球目の153キロを捉えられ、右越え二塁打を許した。「ボール先行にしてしまったのが良くなかった」。釜元には右前打でつながれ、一、三塁からデスパイネの痛恨3ランを招いた。

 6月28日以来2度目の完封は逃したが、内容は圧巻だった。最速155キロの直球と同球速のカットボール、シュートを織り交ぜて5回2死まで完全投球。西村監督からも「もったいなかったけどね、素晴らしい投球だった」と称えられた。「今日はフォークの調子が悪かったけど、他の球種で長いイニングを投げられたのは成長した部分。まずAクラス。次も頑張ります」。エースの風格をまとう20歳右腕が上位浮上のキーマンだ。(湯澤 涼)

 〇…中日から移籍したモヤと松井佑が移籍後初のアベック弾を放った。まずは初回にモヤが先制2ラン。いずれも移籍後初となる1号ソロを含む3安打猛打賞を記録した松井佑は「モヤとまた同じチームで、こういう日が来るとは思ってなかった。もっとチームに貢献できるように、しっかりやっていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月28日のニュース