楽天・ウィーラー痛すぎ3失策…打線13安打猛攻も競り負け「ミスが失点につながりましたね」

[ 2019年7月28日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天7-9ロッテ ( 2019年7月27日    ZOZO )

5回1死二塁、左前適時打を放つウィーラー (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天は守備のミスが響いてシーソーゲームを落とした。打線が13安打を放って2度も試合をひっくり返す粘りを見せたが、8回にセットアッパーの森原が17試合ぶりに失点して力尽きた。

 ウィーラーの犯した3失策のうち2失策が失点に絡み、平石監督も「攻撃に関しては非常に良かった。ミスが失点につながりましたね」と険しい表情。常に10メートル以上の強風が吹き付ける悪条件で今季初黒星の森原は「(変化球が)思ったところに曲がらなかった」と悔しがった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月28日のニュース