阪神 近本、今季100安打目でチームに勢い わずか6球で先制に成功

[ 2019年7月28日 14:21 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2019年7月28日    東京D )

<巨・神(15)>1回無死、近本は右翼線三塁打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神がルーキーの節目の一打をきっかけに、初回から先制に成功した。

 先頭の近本が1ストライクから2球目、巨人桜井の内角へのカットボールを捉えた。一塁線を破る右翼への三塁打で出塁すると、続く糸原が4球目を右翼へ運んだ。亀井が好返球するも、俊足を飛ばした近本が一歩上回りセーフ。わずか6球で先制に成功した。

 近本はこれが今季100安打目。阪神の新人で100安打到達は16年の高山以来、9人目となった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月28日のニュース