東洋大祝賀会 佐藤都主将は100安打と春秋連覇誓う

[ 2019年7月28日 15:30 ]

東洋大優勝祝賀会で秋への抱負を述べる佐藤都主将(右端)ら選手たち
Photo By スポニチ

 東都大学野球春季リーグ戦で20度目の優勝を果たした東洋大の祝賀会が28日、都内のホテルで行われた。会場にはアマチュア野球関係者、プロ野球、同校OBら500人が集まり盛大に優勝を祝った。

 主将の佐藤都志也捕手は「春秋連覇はもちろんですが、あと20本に迫った100安打を達成したい」と意欲をみせた。就任2年目の杉本泰彦監督は「学校の支援、野球部関係者、地域の皆様含めチーム東洋で勝てた優勝でした。秋も勝てるよう頑張ります」と挨拶。大学選手権で敗れた明大へのリベンジも含めリーグ優勝、そして秋の神宮大会制覇を誓っていた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月28日のニュース