【神奈川】東海大相模 2年生活躍で決勝進出 全国制覇以来4年ぶりへあと1つ

[ 2019年7月28日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権神奈川大会準決勝   東海大相模11―2相模原 ( 2019年7月27日    横浜 )

6回2死三塁、左中間2ランを放った東海大相模・西川(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 東海大相模が2発12安打11得点で8回コールド勝ち。ベスト4まで勝ち上がってきた県立校をストップしたのは、躍動する2年生たちだった。

 「打倒・横浜がスローガン。その横浜に勝った相模原を倒せば“打倒・横浜も達成される”と言われたのでよかった」。そう胸を張ったのは先発5人の2年生のうちの一人、7番・西川だ。6回にバックスクリーン左へ高校通算41号となる2ランを放ち、7得点の8回も2点二塁打。一発は門馬敬治監督から「思い切り空振りしろ」と言われ、豪快に空振りした直後だった。

 先制2ランの1番・鵜沼に4番・山村、先発で6回無失点の諸隈も2年生。「日本一になるためにやってきた。決勝も自分たちのプレーをしたい」と西川。日本一になった15年以来の甲子園へ、頼もしい2年生が力を込めた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月28日のニュース